高濃度W-PRP注入療法とは


しわ高濃度W-PRP注入療法は一風変わったメニューとなります。凝縮させた血小板に白血球を加えて、自己血液中に存在する血小板を含んだ血漿のPRPと白血球との相互作用に、本来それぞれが持っている再生治癒能力を最大限に引き出すものです。ボトックス注射やヒアルロン酸やコラーゲン注入と比べると高濃度W-PRP注入療法は患者様自身の血小板を用いることでの安全性が高いです。さらに、高濃度W-PRP注入療法は美容外科手術や従来の注入物では難しい深いほうれい線や目元の小じわなどの改善にも高い効果を発揮します。

おでこのしわ、口元のしわ、目尻のしわ、眉間のしわなどの様々な気になるしわに対応しており、効果持続期間は約1~3年となります。治療時間は5分程度で、痛みや肌へのダメージもほぼありません。治療直後から何も変わらずに日常生活を送ることもできます。従来の治療法とは異なる点があるため、不安に思う方もいるかもしれません。人間の体の中で血を止めることも壊れた細胞や血管を治す働きをしている血小板に着目した治療法であり、成長因子が体の細胞を元気にする役割を担い、そして若返らせることを可能とします。自分の力で顔のしわやたるみを改善できるようになるという画期的な治療です。